膝の痛みでお困りなら目黒区の整体院 京四郎-KYOSIRO-

ブログ

2019/05/06(月)

【膝痛筋膜】ディープフロントライン

カテゴリー:膝痛

 

 

 

 

 

今日は膝痛に関連した筋膜のラインについてお伝えしていきます。

 

 

 

中でも、今日はDeep Front Line(ディープフロントライン)についてです。

 

 

 

この筋膜ラインは人体で1番大切な筋膜と言っても過言ではありません。

 

 

 

なぜなら、生命を支える内臓の支持にも関与しているからです。

 

 

 

ディープフロントラインは大切なラインだけあって、非常に複雑です。

なので、要所を的確に捉えていく必要があります。

 

 

 

要所を捉える為にこちらの動画をご覧ください↓↓

 

 

 

いかがでしたか??

 

 

 

膝痛が単に膝だけに原因がある訳ではないと思いませんか??

 

 

 

膝痛を改善する場合、必ず膝関節にアプローチします。

なぜなら、ほとんどの場合、膝に圧痛所見が確認できるからです。

 

 

 

しかし、膝に圧痛所見が得られない場合があります。

神経障害による関連痛も考えられますが、他の可能性もあります。

その「他」が筋膜です。

 

 

 

じゃあ、「膝痛専門整体院 京四郎」は筋膜に施術するのか?!

 

 

 

ですが、「筋膜の繋がり」の考えによる筋膜施術はあまり行いません。

複雑になってしまったので具体的に説明すると、

膝痛を改善させる為に膝窩筋を緩めたい、、そんな時に筋膜の繋がりがあるディープフロントライン上の大腰筋を緩める、、

ということはあまりしないということです。

 

 

 

膝窩筋はディープフロントラインで繋がっているから大腰筋だろうが、横隔膜だろうが、ここを緩めたら膝窩筋も緩むことは確かです。

 

 

 

ですが、可能性はそれほど高くないので優先順位は低いです。

 

 

 

ゼロではないですが、頻回に「筋膜の繋がり」を使用した施術はしません。

 

 

 

ですが、筋膜の施術はします。

それは、今まで説明した「筋膜の繋がり」ではなく、「筋膜の癒着」を対象としています。

例えば、半膜様筋を緩めたい場合、腓腹筋と連結する筋膜を緩める、、

といった具合です。

 

 

 

ご理解いただけましたか??

 

 

 

筋膜の施術とは言っても、

・筋膜の繋がり

・筋膜の癒着

とでは異なります。

 

 

 

あくまで膝痛の原因筋の癒着ははがすけど、

筋膜ライン上にある他の筋肉を利用して当該筋を緩めるようなことはあまりしません。

 

 

 

にしてもディープフロントラインは大切です。

あまりにも深く、長く、身体を作る筋膜なので、、

 

 

 

PS.

生活に役立つ膝痛の情報と院長のプライベートを少しだけ公開中!!

友だち追加

 

PPS.

膝痛に対する情報を公開中!!

チャンネル登録はこちらから↓↓

*ここをクリックして「チャンネル登録」ボタンを押してください^^

 

PPPS.

膝痛でお悩みの方はこちらからご連絡ください。

東京都 膝痛専門整体院 京四郎 KYOSIRO 専用電話

 

080ー6660−0501

 

「はい。整体院 京四郎です」と電話に出ますので、

「ブログを見て、予約したのですが」とお伝えください。

 

 

 

 

 

通常初回施術費18,000円のところ

初回特別価格16,000円
(税込)

1日の施術回数は最大6名様までとさせていただいております。

9月30日(金曜日)まで6名様限定割引 → 《4周年キャンペーン》限定割引あと3名様!!

【完全予約制】
施術のご予約は今すぐお電話

080-6660-0501

【受付時間】10:00~19:30 
【定休日】火曜日/金曜日

※施術中は電話に出られませんので留守番電話にお名前と電話番号を伝言下さい。すぐに折り返し致します。

※営業時間は10:00~19:30までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。
※営業時間外はメールフォームからのお問い合わせをお願い致します。

 

「LINE」でご予約はこちら