膝の痛みでお困りなら目黒区の整体院 京四郎-KYOSIRO-

【実践】膝のお皿(膝蓋骨)の触り方のコツと重要性

 

 

 

 

こんにちは。

 

 

 

7月なのに寒かったり、涼しかったり、

と思ったら急に暑くなったり、

変な天候が続いていますが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか。

 

 

 

こんな時期は風邪に気をつけないといけませんね。

 

 

 

さて、今回の膝痛情報ですが、

「膝蓋骨」をピックアップしました。

 

 

 

膝のお皿と言われているところですね。

 

 

 

ここを触ってもらうようお願いすると

見事に全員がうまく触れません。

 

 

 

小さくて目立つので簡単かと思っていましたが、

そうではありませんでした。

また、お皿を動かすように伝えてもお皿の上の皮膚を動かしているだけで

きちんとお皿を動かす事ができていませんでした。

 

 

 

今まで知らなかったので当然と言えば当然ですが、

初めてでは膝のお皿って結構難しいようです。

 

 

 

当院に通院されているお客様に対して

私は結構、お皿を自宅で動かしてくださいと指導させていただいています。

 

 

 

なぜかというと、膝のお皿は簡単に動かなくなってしまうからです。

 

 

 

動かないというよりは

外側に偏っていたり、内側に偏っていたり、

または下に下がらなかったりします。

 

 

 

どちらかに偏っていると、

膝を曲げる時にお皿があるべき部位にないと

そのうち膝は壊れてしまいます。

 

 

 

変形性膝関節症に近づくことになりますし、

変形性膝関節症の方は悪化につながります。

 

 

 

膝の痛みの対策をするなら膝蓋骨の触りかたと動かし方は絶対に知っておくべきです。

 

 

 

なので、お皿の位置は非常に大切です。

 

 

 

良い位置にするためには

膝蓋骨を動かして柔らかくしておかなくてはなりません。

 

 

 

なので、動画を見て勉強して

毎日動かせるようにしてください。

 

 

 

ポイントはきちんと圧を加えながら

膝蓋骨を動かすという点です。

 

 

 

では、こちらからご覧ください↓↓

 

 

 

膝蓋骨は非常に重要な部位で

膝の痛みにものすごく関与しています。

 

 

 

変形性膝関節症って

「軟骨がすり減る」というワードをものすごく聞くわけですが、

それって大腿骨と脛骨の大腿脛骨関節の問題です。

 

 

 

膝関節にはもう1つ関節があって、

それが大腿骨と膝蓋骨の膝蓋大腿関節です。

 

 

 

小さい関節なので軽視されがちですが、

変形性膝関節症ではここから始まると言われているくらい大切な関節です。

 

 

 

膝蓋骨の裏にも軟骨はありますからね??

軟骨って脛骨だけの話じゃなく、膝蓋骨の話もすごく大切です。

 

 

 

お皿が正しい位置にないまま膝の曲げ伸ばしを繰り返していると

徐々に膝蓋骨の裏の軟骨が損傷して、炎症して、毛羽立ってきます。

 

 

 

変形性膝関節症の始まりです。

 

 

 

ここを防ぐためにも

膝のお皿をちゃんと触れてちゃんと動かせると

大きいです。

 

 

 

ぜひ、動画で学んだことを毎日活かしてもらえたらと思います。

 

 

 

分からないことや他に教えて欲しい事があれば

なんでもお伝えください。

 

 

 

動画で優先的にご紹介しようと思います。

 

 

 

−鈴木慎祐

 

 

 

PS.

「膝の痛み」の解決情報と院長のプライベートを少しだけ公開予定!!

友だち追加

 

PPS.

「膝の痛み」に関する有益な情報を公開中!!

チャンネル登録はこちらから↓↓

*ここをクリックして「チャンネル登録」ボタンを押してください^^

 

PPPS.

膝の痛みでお悩みの方はこちらからご連絡ください。

東急線東横線「自由が丘駅」 徒歩4分

目黒線「奥沢駅」 徒歩7分

大井町線「緑ヶ丘駅」 徒歩9分

東京都目黒区で唯一の「膝痛専門整体院」 京四郎 -KYOSIRO- 専用電話

 

080ー6660−0501

 

「はい。整体院 京四郎です」と電話に出ますので、

「ブログを見て、予約したのですが」とお伝えください。

 

初回施術費全額返金保証/3駅利用可能

 

 

 

通常初回施術費18,000円のところ

初回特別価格16,000円
(税込)

1日の施術回数は最大6名様までとさせていただいております。

9月30日(金曜日)まで6名様限定割引 → 《4周年キャンペーン》限定割引あと3名様!!

【完全予約制】
施術のご予約は今すぐお電話

080-6660-0501

【受付時間】10:00~19:30 
【定休日】火曜日/金曜日

※施術中は電話に出られませんので留守番電話にお名前と電話番号を伝言下さい。すぐに折り返し致します。

※営業時間は10:00~19:30までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。
※営業時間外はメールフォームからのお問い合わせをお願い致します。

 

「LINE」でご予約はこちら