膝の痛みでお困りなら目黒区の整体院 京四郎-KYOSIRO-

ブログ

2023/10/16(月)

師匠

カテゴリー:院長 鈴木慎祐のブログ

 

 

今日は膝の痛みとは関係のない話をさせてください。

 

 

2023年10月16日、今日は私の師匠の葬儀でした。

 

 

約5年前、私の地元である静岡県の某社長さんが都内で20店舗以上の治療院を経営されている師匠を紹介してくれたことがきっかけでした。

 

 

確か2019年だったと思います。秋葉原の焼肉屋がはじめましての場所でした。

 

 

師匠は毎月1回、都内のあちこちで飲み会を開催していて、

無償で経営者にアドバイスをしてくれていました。

この会に私はお招きいただき、その後、何度も参加させていただくことになります。

 

 

 

師匠以外にもたくさんの経営者さんに囲まれて、事業を起こし始めた私ですので、

最初は緊張で何も話せなかったのを今でも覚えています。

 

 

 

この会では、治療院経営だけではなく、異業種の経営者が集まり、お酒を飲みながら、美味しいご飯を食べながら、

色々と師匠に相談をしていました。

 

 

私も治療院経営に関する貴重なアドバイスをいただいていましたし、

師匠なくして今の私、そして整体院 京四郎はあり得ません。

 

 

と言うのも、組織から離れて独り立ちをしていいタイミングがわからなかった時、

「鈴木くん、今だよ。もう今のところをやめて一人でやっていいよ。大丈夫だから」と言っていただきました。

 

 

この「大丈夫」という大きな支えがなければ、いつまでも前に進めていなかったのは間違いありません。

 

 

何を治療院経営の成功というかはわかりませんが、「売上」や「患者様の数」で表されるのであれば、

当院は成功したことになります。

 

 

以前、私がある治療院経営をしている理学療法士さんに「ウチ(整体院 京四郎)って業界でどうゆう立ち位置?!」と聞くと、

「どこの治療院も鈴木先生と戦いたいと思っていません。みんな鈴木先生には勝てないと思っているので同じ土俵には立たないですよ」と言われました。

 

 

自分ではそう思っていなかったのですが、

師匠が教えてくださったこと、「人を大切にする」「患者様を大切にする」が活きた結果だと思いました。

 

 

さて、普段私はあまりお酒が強くありませんが、師匠ら経営者の皆さんはかなりタフな方が多いです。

 

 

この会の時は2軒、3軒とはしご酒をしていて、

私も食らいつくように何杯もハイボールをおかわりしながら質問を繰り返していました。

 

 

同じく横浜方面の経営者さんと夜中の2時くらいに銀座からベロンベロンになりながら、

タクシーで帰ることもありました。

 

 

楽しいので、弱くてもたくさん飲んでしまうんです。

 

 

そして、師匠は本当に優しい方でした。

 

 

月島のもんじゃ焼き屋さんで師匠たちと飲んでいた時、

星野さんの背中に近付きたい!追い越したい!という想いから、

失礼承知で「星野さんの財布ください!使ってないやつとかありませんか?!」と酔った勢いで言ってしまいました。

 

 

すると、即答で「いいよ!探してみるよ!」とまさかの即答。

 

 

そして、なんと数日後には自宅に送ってくれました。

 

 

全くの部外者である私を師匠の会社の飲み会にお招きいただいたり、

師匠のマイカーであるポルシェに乗せていただいたり、都内中心に構える立派な一軒家を見せていただいたり、

「鈴木くんどう?治療院経営も夢があるだろ?」と私のモチベーションをものすごく上げてくれました。

 

 

「悪いことをしてお金を稼ぐのはダメだけど、患者様、地域社会にたくさん貢献して、たくさん稼いで、そのお金で自分や家族に好きなものを買ってあげるのはいいよね」と師匠。

 

 

僕はこんな素敵な人になれるのかな、、そう思った日でもありました。

 

 

また、師匠の素敵なところは、今世の中の治療院業界で8割以上の治療院が行なっている広告中心の経営戦略ではなく、

「人中心」、「患者様中心」の考え方にあるところでした。

 

 

目の前の患者様に良くなっていただく、当たり前のことを続けていく、

患者様に感謝していただく、これを続けていくんだ、続けていくことが大事なんだ

と何度も何度もおっしゃっていました。

 

 

どんなに酔っ払っていてもここの芯が変わることはありませんでした。

 

 

私がヒゲを伸ばして星野会に参加した時には、

「清潔感がない。髭は絶対に剃りなさい」と叱っていただいたり、

治療院の成果を伝えると「だから何?!」と無言の「もっと上を目指せ!!」をくださいました。

 

 

LINEでは、

「こどもを育てながら、このコロナ禍でよくやったよ。でもね、大事なのは続けることだよ」

と続けることの重要性もたくさんお話ししてくださいました。

 

 

叱咤激励を下さる師匠は社会人としての親のように私のベクトルを示してくれました。

 

 

そんな師匠の悲報に接したのは、3日ほど前です。56歳でした。

 

 

この時、私は悲しみよりも驚きのあまり、声が出なくなってしまいました。

 

 

葬儀で顔を見るまでは信じることができませんでした。

 

 

師匠の顔を見ると、自分でもびっくりするくらい涙が溢れてきて、止まりませんでした。

 

 

何度も何度も泣いてしまいました。

 

 

実は少し後悔していることがあって、師匠との再開は1年ぶりだったんです。

 

 

最後に会話したのは約1年前で、

「今度聞いて欲しい話があります。海外に興味があるんです」とLINEしたのも数ヶ月前でした。

 

 

その後、英語の塾に通ったり、ジムに通ったり、これまでしていなかった自己研鑽に励んでいました。

また、三男の誕生などでバタバタしていた私は星野会に参加することなく、時間だけが過ぎていきました。

 

 

結局、星野さんから直接アドバイスをいただくことは叶わなくなってしまいました。

 

 

何でもっと早く行かなかったんだろう、、本当に悔やまれます。

 

 

悲しみに加えて、後悔の念も強く、涙が止まらなかったのだと思います。

 

 

そして、葬儀の参列者の数、供花の数、涙の数、圧倒されました。

 

 

ある本に「自分の最期の時、どうゆう終わりがいいか、そこから逆算して生きなさい」とある本に書いてありましたが、

「師匠、この終わり方、すごいです。どれだけ立派な生き方をしたらこんな最期になるんですか」

 

 

そう思いました。

 

 

師匠が誰よりも「人」との関係に重きを置いていた経営者だからだと思います。

56歳まで私はあと22年ありますが、師匠のようになりたいと心から思いました。

 

 

私が56歳になった頃、多店舗展開をしているのか、一人治療院を続けているのか、病院を設立しているのか、研究者になっているのか、どっかのスポーツチームの専属理学療法士になっているのか、またはもうこの世にいないかもしれません。

 

 

いずれにしても、おこがましいことですが、師匠の分まで生きるつもりで生涯を全うしたいと思います。

 

 

「師匠、私はまだそちらへは行けませんが、再開した時には反省会とアドバイスをお願いします。またお会いするまでは、師匠が教えてくださったことを意識しながら、頑張っていきます」

 

 

師匠の執筆された本で書かれている「社長の器」に私は到底近付けませんが、続けていきます。

 

 

「仕事も、子育ても、とにかく続けることだよ。鈴木くん」

 

 

目の前の患者様をより良く、人を大切に、そして社会をより良くしていく為、これからも精進してまいります。

 

 

どうか見守っていてください。

 

 

それでは師匠、改めまして今まで本当にありがとうございました。

ゆっくりお休みください。

 

 

東京ひざ痛専門整体院 京四郎

− 鈴木 慎祐

 

 

 

PS.

慢性的なひざ痛でお悩みの方々に向けた膝痛情報・院長のプライベートを少しだけ公開予定!!

膝痛のお悩みやご相談も常に受け付けていますので、ぜひご相談ください。

友だち追加

 

 

PPS.

「世界中の人々がひざ痛で悩むことがない人生をデザインする」をモットーに

毎週、膝痛改善に向けた知識やストレッチ方法など有益な情報を公開中!!

現在、YouTubeチャンネル登録者数「27,000人」!!

 

みなさんも「チャンネル登録」してくださると嬉しいです!!

 

チャンネル登録はこちらからお願いいたします!!

*ここをクリックして「チャンネル登録」ボタンを押してください!!

 

 

PPPS.

膝の痛みでお悩みの方はこちらからご連絡ください↓↓

《東京都で唯一の「ひざ痛専門整体院」 京四郎®︎ -KYOSIRO- 専用電話》

☎︎ 080ー6660−0501

「はい。ひざ痛専門整体院 京四郎です」と電話に出ますので、「ブログを見て、予約したのですが」とお伝えください。

 

施術中は電話に出ることができません。

お急ぎの方はLINEまたはメールで氏名・希望日時・お悩みの症状を明記の上、ご連絡ください。

友だち追加

「友だち」追加後、メッセージを送信してください。

 

☆東急線東横線「自由が丘駅」 徒歩2分

☆東急目黒線「奥沢駅」 徒歩8分

☆東急大井町線「緑ヶ丘駅」 徒歩11分

 

初回施術費全額返金保証/3駅利用可能/完全予約制

東京都目黒区自由が丘1−13−14 自由が丘スカイビル302

 

 

PPPPS.

膝の痛みの原因を自分で特定する「ひざ痛の教科書」無料プレゼント中!!

 

 

【日本膝痛研究所®︎】を発足しました!!

柔道整復師、整体師、理学療法士、あん摩マッサージ指圧師、カイロプラクター、インストラクターなどひざ痛の施術に励む専門家を対象に膝痛に特化した研修を実施します。

※ 最終日に膝痛研究家®︎取得の為の試験があります。

合格した膝痛研究家®︎は各々の地域でひざ痛で悩んでいる方々の力になって差し上げてください。

下記ホームページから地域別の膝痛研究家®︎を検索することができます。

 

 

 

株式会社 Knee Medicals 代表取締役社長

東京ひざ痛専門整体院 京四郎 -KYOSIRO- 院長

日本膝痛研究所 所長

理学療法士/膝痛研究家®︎

鈴木慎祐 (SUZUKI SHINSUKE)

 

 

 

 

 

通常初回施術費25,000円のところ

初回特別価格19,000円
(税込)

1日の施術回数は最大6名様までとさせていただいております。

6月15日(土曜日)まで6名様限定割引 → 《5周年キャンペーン》限定割引あと1名様!!

【完全予約制】
施術のご予約は今すぐお電話

080-6660-0501

【受付時間】10:00~19:30 
【定休日】火曜日(インソール作製日)

※施術中は電話に出られませんので留守番電話にお名前と電話番号を伝言下さい。すぐに折り返し致します。

※営業時間は10:00~19:30までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。
※営業時間外はメールフォームからのお問い合わせをお願い致します。

 

「LINE」でご予約はこちら