膝の痛みでお困りなら目黒区の整体院 京四郎-KYOSIRO-

【ひざ痛】階段時・しゃがむ時・正座で膝が痛い方にオススメの対策

※移転しました!!

東京ひざ痛専門整体院 京四郎

東京都目黒区自由が丘1-13-14 自由が丘スカイビル302

 

 

 

色々な方から「鈴木さんのブログが役立ってます」「助かりました」「もうまさにその通りでした」などと

ありがたいお言葉をいただく機会が増えました。

 

 

 

これからまた、少しずつですが、

ひざ痛改善に向けて情報をブログで発信していきたいと思います。

 

 

 

さて、今回の膝痛情報ですが、

・階段で起こる膝痛

・しゃがむ時に起こる膝痛

・正座時に起こる膝痛

 

についてお話しさせていただきます。

 

 

 

この3つの症状は一見、それぞれ全く関係なさそうなのですが、

実は全く同じ所見が取れることが珍しくありません。共通点があるんです。

 

 

 

つまり、全く同じ膝関節の状態になっているけれども、

Aさんは階段で痛い…

Bさんはしゃがむ時に痛い…

Cさんは正座で痛い…

 

ということが起こり得るのです。

 

 

 

その同じ所見とはなんなのか…?と言いますと、

「膝蓋骨の傾斜」になります。

膝のお皿が傾いてしまっているということです。

 

 

 

<膝蓋骨傾斜の図>

 

 

 

結構知らない方が多いと思いますので説明すると、

膝のお皿は決して水平に存在している訳ではなく、

前後左右に傾斜もするし、

時計回りにも反対周りにも回旋もするし、

上下にもエレベーターのように動きます。

 

 

 

この動きが乱れると、

膝のお皿と大腿骨がぶつかりやすくなって軟骨がすり減ってしまったり、

お皿の裏にある「滑膜」という部分を刺激して膝が腫れやすくなったり、

さまざまな膝痛トラブルを起こしてしまいます。

 

 

 

特に膝のねじれが強い方はお皿の傾斜が起こりやすいことがわかっています。

ここで言う膝のねじれとは、Knee-in Toe-out(ニーイン トゥーアウト)というもので

大腿骨が内旋、膝下の脛骨が外旋することをいいます。

 

 

ねじれに関する詳細は動画でいくつか紹介していますので

ぜひご覧ください!!

膝のねじれについて(距骨調整)

 

 

 

本題に話を戻しますが、

このねじれがあると、膝のお皿が外側に傾斜してしまいます。

 

 

 

すると、膝のお皿の裏外側が良く擦れてしまうのです。

 

 

 

膝のお皿の傾斜があるだけで

階段でも膝が痛くなるし、

しゃがんだ時でも膝が痛くなるし、

正座でも膝が痛くなる訳です。

 

 

 

なので、まずは膝蓋骨の傾斜を改善させること、

そして、ねじれがある方は膝のねじれも改善させないとまた傾斜してきますので、

ここに対してもアプローチしないと根本対策にはなりません。

 

 

 

今回は膝のお皿(膝蓋骨)の傾斜方法(内側に傾斜させる方法)を下記動画で紹介していますので、

こちらをご覧ください。きっとお役に立てることと思います。

 

 

 

軽度な方はお皿の傾斜が出るだけでピタッと膝痛が引いていくと思います。

 

 

 

すごく細かい情報にはなってしまうのですが、

太ももの外側にある腸脛靭帯とか外側広筋とか、

この辺りが硬いとどれだけお皿の傾斜を毎日ケアしたとしても戻りやすいです。

 

 

 

腸脛靭帯や外側広筋の癒着があると、

(癒着:筋肉、筋膜、神経などの滑りが悪くなってしまうこと)

Toe-outという膝のねじれも起こしてしまいますので、そちらも併せて改善したいところですね!!

動画を載せておきますので参考にしてください。

 

 

 

(下記画像をクリックしてください)

【ひざ痛の筋膜はがし】腸脛靭帯と外側広筋の癒着した筋膜のはがし方

 

 

 

まずはこちらの動画を参考に膝蓋骨の傾斜に対してセルフケアをしていただき、

 

なかなか改善が見られなければ、

姿勢(膝のねじれ:Knee-in Toe-out)に対してもアプローチしてみてください。

 

 

 

または腸脛靭帯、外側広筋の筋膜はがしのことも動画アップしておきましたので

ぜひ膝痛改善に向けてご活用ください。

 

 

 

今回は特別に動画では公開していないテーピング方法もご紹介しますね!!

膝蓋骨内側に少しかけるようにして、

1時・3時・5時の方向に3枚貼ります。

強制力は決して強くはありませんが、スポーツをされている方は良いかもしれません。

 

 

 

ぜひお試しください!!

 

 

 

では、今日も素敵な一日をお過ごしください。

 

 

 

−鈴木慎祐

 

 

 

PS.

膝痛でお悩みの方々に向けた膝痛情報・院長のプライベートを少しだけ公開予定!!

膝痛のお悩みやご相談も常に受け付けていますので、ぜひご相談ください。

友だち追加

 

 

PPS.

「世界中の人々がひざ痛で悩むことがない人生をデザインする」をモットーに

毎週、膝痛改善に向けた知識やストレッチ方法など有益な情報を公開中!!

現在、1.9万人!!  みなさんも「チャンネル登録」してくださると嬉しいです!!

 

チャンネル登録はこちらからお願いいたします!!

*ここをクリックして「チャンネル登録」ボタンを押してください!!

 

 

PPPS.

膝の痛みでお悩みの方はこちらからご連絡ください↓↓

《東京都で唯一の「ひざ痛専門整体院」 京四郎 -KYOSIRO- 専用電話》

☎︎ 080ー6660−0501

「はい。ひざ痛専門整体院 京四郎です」と電話に出ますので、「ブログを見て、予約したのですが」とお伝えください。

 

施術中は電話に出ることができません。

お急ぎの方はLINEまたはメールで氏名・希望日時・お悩みの症状を明記の上、ご連絡ください。

友だち追加

「友だち」追加後、メッセージを送信してください。

 

☆東急線東横線「自由が丘駅」 徒歩2分

☆東急目黒線「奥沢駅」 徒歩8分

☆東急大井町線「緑ヶ丘駅」 徒歩11分

 

初回施術費全額返金保証/3駅利用可能/完全予約制

東京都目黒区自由が丘1−10−5 自由が丘スカイビル302

 

 

PPPPS.

膝の痛みの原因を自分で特定する「ひざ痛の教科書」無料プレゼント中!!

 

 

【日本膝痛研究所®︎】を発足しました!!

柔道整復師、整体師、理学療法士、あん摩マッサージ指圧師、カイロプラクター、インストラクターなど

ひざ痛の解決に励む専門家を対象に膝痛に特化した研修を実施します。

最終日に膝痛研究家®︎取得の為の試験があります。

合格した膝痛研究家®︎は各々の地域でひざ痛で悩んでいる方々の力になって差し上げてください。

下記ホームページから地域別の膝痛研究家®︎を検索することができます。

 

 

 

株式会社 Knee Medicals 代表取締役社長

東京ひざ痛専門整体院 京四郎 -KYOSIRO- 院長

日本膝痛研究所 所長

理学療法士/膝痛研究家®︎

鈴木慎祐 (SUZUKI SHINSUKE)

 

 

 

 

通常初回施術費18,000円のところ

初回特別価格16,000円
(税込)

1日の施術回数は最大6名様までとさせていただいております。

6月25日(土曜日)まで6名様限定割引 → 《4周年キャンペーン》限定割引あと3名様!!

【完全予約制】
施術のご予約は今すぐお電話

080-6660-0501

【受付時間】10:00~19:30 
【定休日】火曜日/金曜日

※施術中は電話に出られませんので留守番電話にお名前と電話番号を伝言下さい。すぐに折り返し致します。

※営業時間は10:00~19:30までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。
※営業時間外はメールフォームからのお問い合わせをお願い致します。

 

「LINE」でご予約はこちら