膝の痛みでお困りなら目黒区の整体院 京四郎-KYOSIRO-

ブログ

2019/06/10(月)

【膝の痛み】内側広筋の萎縮

カテゴリー:膝痛

 

 

 

 

今日は膝痛の方に多い「内側広筋の萎縮」

について解説していきます。

 

 

 

内側広筋は大腿四頭筋の1つで非常に大切な機能を持っています。

この内側広筋が萎縮すると様々な異常が起こってしまいます。

結果的に痛みが起こります。

 

 

 

まず、萎縮についてですが、

簡単に説明すると筋肉が縮んで痩せている状態です。

 

 

 

萎縮が起こると、

筋肉が伸びなくなり、

他の筋肉などとくっついてしまいます(癒着)。

 

 

 

内側広筋は膝の伸ばす時に必要な筋肉なので、

ここが適切に動かないと膝が伸びにくくなってしまいます。

 

 

 

膝が伸びる時には通常、内側の半月板も前方へ移動します。

ですが、内側広筋が萎縮して膝がきちんと伸びないと

内側半月板が前に移動することができなくなってしまって

痛みを起こしやすい状態になってしまいます。

 

 

 

内側半月板がきちんと前に出ないので

その前にある膝蓋下脂肪体という脂肪組織にも影響を及ぼします。

 

 

 

膝蓋下脂肪体とは膝関節の中を埋めている

クッション作用もある非常に大切な脂肪で

ここが硬くなってしまうので、痛みを起こしやすくなります。

 

 

 

 

ちなみに膝蓋下脂肪体の痛みは膝の痛みの中で1番痛いと言われています。

 

 

 

内側広筋が萎縮して機能しなくなるだけで

多くの異常を来してしまい、

膝痛が起こりやすい膝関節になってしまうのです。

 

 

 

そんな内側広筋の萎縮についての詳細を

こちらで解説していますのでご覧ください↓↓

 

 

 

 

いかがでしたか?

 

 

もし、あなたが自分の膝を触ってみて

明らかに内側がポコンと凹んでいるのであれば

たとえ膝が伸びたとしても、何かしらの異常を来たす前かもしれませんので

用心してください。

 

 

 

−鈴木慎祐

 

 

 

PS.

生活に役立つ膝痛情報と院長のプライベートを少しだけ公開予定!!

友だち追加

 

PPS.

膝痛のお悩み解決情報を公開中!!

チャンネル登録はこちらから↓↓

*ここをクリックして「チャンネル登録」ボタンを押してください^^

 

PPPS.

膝痛でお悩みの方はこちらからご連絡ください。

東京都/自由が丘「膝痛専門整体院 京四郎 KYOSIRO」 専用電話

 

080ー6660−0501

 

「はい。整体院 京四郎です」と電話に出ますので、

「ブログを見て、予約したのですが」とお伝えください。

 

 

 

 

通常初回施術費18,000円のところ

初回特別価格16,000円
(税込)

1日の施術回数は最大6名様までとさせていただいております。

6月25日(土曜日)まで6名様限定割引 → 《4周年キャンペーン》限定割引あと3名様!!

【完全予約制】
施術のご予約は今すぐお電話

080-6660-0501

【受付時間】10:00~19:30 
【定休日】火曜日/金曜日

※施術中は電話に出られませんので留守番電話にお名前と電話番号を伝言下さい。すぐに折り返し致します。

※営業時間は10:00~19:30までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。
※営業時間外はメールフォームからのお問い合わせをお願い致します。

 

「LINE」でご予約はこちら