膝の痛みでお困りなら目黒区の整体院 京四郎-KYOSIRO-

ブログ

2019/05/05(日)

【変形性膝関節症】足と膝の関係

カテゴリー:変形性膝関節症

 

 

 

 

変形性膝関節症についてお話しします。

 

 

 

変形性膝関節症は、

隣接関節である股関節と足関節に悪影響を及ぼすことが分かっています。

 

 

 

特に、今回は「足」に着目して情報をお届けしようと思います。

 

 

 

足の病態として「変形性足関節症」がありますが、

コレはほとんどが変形性膝関節症が原因で起こります。

 

 

 

なぜなのか・・?!はこちらから↓↓

 

 

 

変形性膝関節症の場合、

体重の乗る軸がブレているので、

体重が正しく足首に乗りません。

 

 

 

足は距腿関節と距骨下関節で説明されます。

足関節は常に膝から荷重を受けています。

最初にその荷重を受けるのは距骨です。

距骨は受けた荷重を前足部と後足部にうまいこと配分しています。

 

 

 

しかし、膝から距骨への荷重の乗り方が不均等だと、

この配分に乱れが生じます。

すると、配分をなるべく変えないように

足がカタチを変えて対応するので、

扁平足になったり、足が攣りやすくなったりします。

 

 

 

また、足がきちんと曲がる(背屈する)には、

距骨が後方に下がりながら滑る必要があるのですが、

膝からの荷重が不均等だと、コレがうまく起こりません。

 

 

 

荷重が不均等だと、足は正しく曲がらないので、

たくさんの問題が生じてきます。

その1つの問題が、

脛骨、腓骨、距骨の距離間が拡大してしまうことです。

 

 

 

コレが「変形性足関節症」の原因です。

 

 

 

そんなこんなで膝と足の協調性が乱れていると、

その異常は歩行時にきちんと現れます。

 

 

 

あなたの膝のお皿は足の2本目、3本目の延長線上を抜けていますか??

 

 

 

足の指が大きく内側を向いていたり、外側を向いていたり、していませんか??

 

 

 

人間は歩行時、第2・3趾の延長線上を進むと言われています。

 

 

 

しかし、何かしらの膝と足の異常によって、

協調性が失われると、

足の指が示す進行方向に膝が進まないので、

必ずどこかでツケが生じます。

 

 

 

足関節かもしれませんし、股関節かもしれませんし、

腰椎かもしれません。

 

 

 

一般的に「ガニ股」と言われている歩き方をしている方は、

足趾どころではなく、踵が前に出てきています。

足趾は何の役割もしていない状況です。

これでは異常が症状として出現するのも時間の問題です。

 

 

 

鏡の前で、力を抜いて、

まっすぐ立ってみてください。

 

膝のお皿の位置はどっちを向いていますか?

足の指の位置はどっちを向いていますか?

 

自分でも自分のカラダの異常が分かるかと思いますので

1度チェックしてみてください。

 

 

 

ちなみに内反捻挫、つまり足首の捻挫をしたことがある方は

靭帯が弛緩している可能性が高いので、

足が変形するリスクがあることを覚えておいてください。

 

 

 

PS.

生活に役立つ膝痛のアイディアと院長のプライベートも少しだけ公開中!!

友だち追加

 

PPS.

膝痛に対する情報を公開中!!

チャンネル登録はこちらから↓↓

*ここをクリックして「チャンネル登録」ボタンを押してください^^

 

PPPS.

膝痛でお悩みの方はこちらからご連絡ください。

東京都 膝痛専門整体院 京四郎 KYOSIRO 専用電話

 

080ー6660−0501

 

「はい。整体院 京四郎です」と電話に出ますので、

「ブログを見て、予約したのですが」とお伝えください。

 

 

 

 

通常初回施術費18,000円のところ

初回特別価格16,000円
(税込)

1日の施術回数は最大6名様までとさせていただいております。

9月30日(金曜日)まで6名様限定割引 → 《4周年キャンペーン》限定割引あと3名様!!

【完全予約制】
施術のご予約は今すぐお電話

080-6660-0501

【受付時間】10:00~19:30 
【定休日】火曜日/金曜日

※施術中は電話に出られませんので留守番電話にお名前と電話番号を伝言下さい。すぐに折り返し致します。

※営業時間は10:00~19:30までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。
※営業時間外はメールフォームからのお問い合わせをお願い致します。

 

「LINE」でご予約はこちら