膝の痛みでお困りなら目黒区の整体院 京四郎-KYOSIRO-

ブログ

2019/05/07(火)

【超重要】大腿二頭筋短頭

カテゴリー:変形性膝関節症

 

 

 

今日は「大腿二頭筋 短頭」についてご紹介していきます。

 

 

 

まず、大腿二頭筋には長頭と短頭の2つがあることをご存知ですか??

 

 

 

長頭は骨盤の坐骨結節から、

 

短頭は大腿骨の真ん中やや外側から、

 

スタートして、合流して腓骨頭にゴールします。

 

 

長頭と短頭のどっちが大切でしょうか??

 

膝痛を改善させる為、

膝を伸ばす為、

大切なのは長頭よりも断然短頭です!!!!!

 

 

 

短頭が大切な理由はこちら↓↓

 

 

 

 

短頭は長頭よりも短い為、

大きな力を発揮するには向いていません。

 

 

 

しかし、長頭と異なり、

腱の部分が少ない、つまり、筋肉実質部が多いんです。

癒着は腱ではなく、一般的に筋肉実質部で起こるので、、

 

 

 

短頭はとにかく癒着しやすいんです。

どこと癒着しやすいかと言われれば、、

 

 

 

・外側広筋

・腸脛靭帯

・膝関節包

・腓腹筋外側頭

 

などです。

 

 

 

めっちゃ重要な軟部組織だらけです。

 

 

 

短頭は筋肉実質部が多いから癒着しやすいとお伝えしました。

癒着しやすい理由はまだあります。

 

 

 

それは、、

変形性膝関節症の場合、

「短頭の断裂が報告されている」ということです、、

 

 

 

全員ではありませんが、

変形性膝関節症などの膝痛は脛骨の過外旋がよろしくない

という話は何度もしているのですが、

 

 

 

過外旋が大きければ大きいほど、

大腿二頭筋短頭の断裂率は高くなります。

 

 

 

なぜなら、過外旋を抑制しているからです。

「これ以上、外旋しないで!!」と短頭は

歩行時、階段昇降時などで常に伝えています。

 

 

 

で、断裂すると、

人間の生体反応として修復しようとするので、

線維芽細胞などの細胞が集合します。

 

コラーゲンがたくさん分泌されるので、気付いた時には癒着しています。

 

 

 

ここが癒着すると、

膝が伸びないだけではなく、

過外旋状態でロックされてしまう可能性さえあります。

 

 

 

変形性膝関節症の方のO脚がなかなか改善しない理由にも

「短頭の癒着」が隠れています。

 

 

 

さて、大腿二頭筋短頭の障害が

どれだけ大変で重要なものか、ご理解いただけましたか??

 

 

 

PS.

生活に役立つ膝痛情報と院長のプライベートを少しだけ公開中!!

友だち追加

 

PPS.

膝痛に対するお悩み解決情報を公開中!!

チャンネル登録はこちらから↓↓

*ここをクリックして「チャンネル登録」ボタンを押してください^^

 

PPPS.

膝痛でお悩みの方はこちらからご連絡ください。

東京都 膝痛専門整体院 京四郎 KYOSIRO 専用電話

 

080ー6660−0501

 

「はい。整体院 京四郎です」と電話に出ますので、

「ブログを見て、予約したのですが」とお伝えください。

 

 

 

 

通常初回施術費18,000円のところ

初回特別価格16,000円
(税込)

1日の施術回数は最大6名様までとさせていただいております。

6月25日(土曜日)まで6名様限定割引 → 《4周年キャンペーン》限定割引あと3名様!!

【完全予約制】
施術のご予約は今すぐお電話

080-6660-0501

【受付時間】10:00~19:30 
【定休日】火曜日/金曜日

※施術中は電話に出られませんので留守番電話にお名前と電話番号を伝言下さい。すぐに折り返し致します。

※営業時間は10:00~19:30までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。
※営業時間外はメールフォームからのお問い合わせをお願い致します。

 

「LINE」でご予約はこちら