膝の痛みでお困りなら目黒区の整体院 京四郎-KYOSIRO-

ブログ

2019/04/20(土)

【膝の内側の痛み】原因はコレ

カテゴリー:膝痛

 

 

 

 

 

 

本日は「膝の内側の痛み」の原因についてご紹介します。

 

 

 

 

膝の痛みって

内側が一番多いです。

なぜ、内側に膝痛が一番多いのか??

を考えると、ストーリーがありすぎて時間が足りません笑

 

 

 

 

今日は膝痛の原因の中でも「薄筋」についてご紹介します。

今までも何回か登場した薄筋です。それくらい重要ということです。

 

 

 

 

 

骨盤の恥骨から脛骨内側に付く非常に細く長い筋肉です。

脛骨に付着する部分では筋肉ではなく、腱になっています。

 

さて、この薄筋ですが、

なぜ、内側の痛みの原因になるのか、、

これは脛骨内側の形態が関係しています。

 

薄筋が痛くなる原因とは、、?!↓↓

 

 

 

整理します。

 

内側の膝痛で薄筋が関与している病態を

大きく分けると、

 

・薄筋腱障害

・鵞足包炎

 

の2つになります。

 

薄筋腱障害とは、

薄筋というよりも、薄筋の腱が

脛骨内側部分で摩擦刺激を受け過ぎて痛みを起こすというものです。

 

薄筋は脛骨の部分では腱になると言いました。

この腱が脛骨内側で急カーブするポイントがあります。

薄筋の使い過ぎで薄筋が硬くなったり、筋短縮したり、筋膜癒着した場合、

この急カーブにおける摩擦力が一気に強くなります。

すると、当然その部分は痛くなります。

これが、薄筋腱障害です。

 

次、鵞足包炎についてです。

これは、薄筋が急カーブするポイントよりももう少し下の部分です。

関節裂隙から約5cm下になります。

ここには鵞足包と言われるクッションがあります。

しかし、ここにも薄筋腱障害のように負担がかかりすぎると

炎症を起こして腫れて痛みが出ます。

これが鵞足包炎です。

 

いずれも膝痛として扱われることが多いです。

たまに鵞足炎として診断されることもあります。

 

大切なのは、両者で対策が異なります。

両者とも、薄筋を緩めなくてはいけないことは共通していますが、

鵞足包炎の方は炎症なので、まずは安静や冷却です。

覚えておいてください。

 

 

PS.

生活に役立つ膝痛情報、院長のプライベートも少しだけ公開中!!

 

友だち追加

 

PPS.

膝痛に対するヒントやアイディアを公開中!!

チャンネル登録はこちらから↓↓

*ここをクリックして「チャンネル登録」ボタンを押してください。

 

PPPS.

膝痛でお悩みの方はこちらからご連絡ください。

東京都 膝痛専門整体院 京四郎 KYOSIRO 専用電話

 

080ー6660−0501

 

「はい。整体院 京四郎です」と電話に出ますので、

「ブログを見て、予約したのですが」とお伝えください。

 

 

 

 

 

通常初回施術費18,000円のところ

初回特別価格16,000円
(税込)

1日の施術回数は最大6名様までとさせていただいております。

6月25日(土曜日)まで6名様限定割引 → 《4周年キャンペーン》限定割引あと3名様!!

【完全予約制】
施術のご予約は今すぐお電話

080-6660-0501

【受付時間】10:00~19:30 
【定休日】火曜日/金曜日

※施術中は電話に出られませんので留守番電話にお名前と電話番号を伝言下さい。すぐに折り返し致します。

※営業時間は10:00~19:30までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。
※営業時間外はメールフォームからのお問い合わせをお願い致します。

 

「LINE」でご予約はこちら