膝の痛みでお困りなら目黒区の整体院 京四郎-KYOSIRO-

ブログ

2019/05/11(土)

【前大腿脂肪体】膝の前面痛はコレ?!

カテゴリー:膝痛

 

 

 

 

膝の前面が痛いという方は非常に多いです。

そして、膝の前面に痛みがある場合、関節可動域制限に直結することが多いことが知られています。

 

 

 

つまり、膝が曲がりにくくなります。

 

膝が曲がりにくくなると、

正座ができなくなったり、

自転車の漕ぎ始めが痛かったり、

階段を降りる時に痛かったり、

椅子から立ち上がる時に痛かったりします。

 

 

 

あなたも身に覚えがありませんか??

 

 

 

膝の前面にはたくさんの組織があり、

どこが痛くて、どこが原因になっているのか、

正確に追求する必要があります。

 

 

 

今回、ご紹介する組織も膝の前面にある組織で、

膝の前面痛の原因になりやすいだけではなく、

実はあまり知られていない組織であることが問題です。

 

 

 

知らないと施術できませんので、

ここが原因の場合、見過ごされるので一生改善しないことになります。

 

 

 

なので、この機会に知っておいてください。

 

 

 

 

ご紹介する組織は「前大腿脂肪体(PFP);prefemoral fat pad」です。

 

 

 

サクッと知りたい方は動画をご覧ください↓↓

 

 

 

PFPは膝蓋上嚢と大腿骨間にある非常に深部の脂肪体で、

やはり、膝蓋下脂肪体と同じく、痛みを感知しやすい部位になります。

 

 

 

ここで問題になるのは、

・関節可動域制限ー膝が曲がらない

・膝痛ー膝を曲げると痛い

 

ですが、

PFPが関与しているもので言うと、

膝蓋骨上嚢とPFPガ癒着してしまっていることがあります。

 

 

 

ここが癒着してしまうと、なかなかしっかりとした関節可動域制限になってしまいます。

特に、スポーツ損傷や何かしらの外傷で

膝に炎症が起こり、水腫が貯留したり、

そんなことがあった方は癒着しやすいです。

 

 

 

手術後、まだ炎症バンバンで痛みがあるのにも関わらず、

早期から曲げ伸ばしをするのはこの辺の癒着を予防する為です。

それくらいここの癒着は防ぎたいということです。

 

 

 

さて、ではPFPの癒着をはがす作業についてご紹介します。

PFPは曲がると潰されたねんどのように内側と外側に拡がっていき、

伸びると、大腿四頭筋の収縮力によって中央に集まります。

 

 

 

つまり、「内側と外側に拡がったら中央に集まる」を繰り返しています。

ねんどのようにこれだけ形態変化できることがPFPには求められます。

PFPは常に柔軟でなくてはいけません。

 

 

 

これができないと、大腿四頭筋に過負荷がかかるので膝痛が起こるわけです。

 

 

 

対策ですが、

自分の膝蓋骨のすぐ上の大腿骨を深くまで押し込んでください。

大腿骨の骨感が分かるくらい奥まで押し込んでください。

そこでグリグリグリと内側、外側に固まったねんどを広げるように押し広げていきます。

 

 

 

とりあえず、これを覚えてください。

また技術的なところは別の動画でお伝えしていく予定です。

 

 

 

とにかく膝蓋骨の上、特に約3cm上のあたりをグリグリグリと奥まで押し広げてください。

 

 

 

この部分はあまり知られていない、

でもすごく重要なポイントになります。

 

 

 

特に炎症を経験したことがあるあなたの膝はPFPが関与している可能性は高いのではないでしょうか。

 

 

PS.

生活に役立つ膝痛情報と院長のプライベート情報を少しだけ公開中!!

友だち追加

 

PPS.

膝痛に対する情報を公開中!!

チャンネル登録はこちらから↓↓

*ここをクリックして「チャンネル登録」ボタンを押してください^^

 

PPPS.

膝痛でお悩みの方はこちらからご連絡ください。

東京都 膝痛専門整体院 京四郎 KYOSIRO 専用電話

 

080ー6660−0501

 

「はい。整体院 京四郎です」と電話に出ますので、

「ブログを見て、予約したのですが」とお伝えください。

 

 

 

 

 

通常初回施術費18,000円のところ

初回特別価格16,000円
(税込)

1日の施術回数は最大6名様までとさせていただいております。

9月30日(金曜日)まで6名様限定割引 → 《4周年キャンペーン》限定割引あと3名様!!

【完全予約制】
施術のご予約は今すぐお電話

080-6660-0501

【受付時間】10:00~19:30 
【定休日】火曜日/金曜日

※施術中は電話に出られませんので留守番電話にお名前と電話番号を伝言下さい。すぐに折り返し致します。

※営業時間は10:00~19:30までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。
※営業時間外はメールフォームからのお問い合わせをお願い致します。

 

「LINE」でご予約はこちら