膝の痛みでお困りなら目黒区の整体院 京四郎-KYOSIRO-

ブログ

2019/05/12(日)

【鵞足炎】膝の内側の痛み

カテゴリー:膝痛

 

 

 

 

鵞足を知っていますか?!

 

 

 

鵞足とは、脛骨内側面に付着している筋肉の集まりのことを言います。

 

筋肉の集まりとは、

・薄筋

・半腱様筋

・縫工筋

の3つです。

 

その3つの筋肉、

薄筋、半腱様筋、縫工筋が

道路の3車線のように走行しています。

 

 

 

並ぶように脛骨内側面に付着しているのですが、

ココは非常に問題を抱えやすい部位として知られています。

 

 

 

特に問題を起こしやすいのは「薄筋」です。

今回はこの薄筋についてご紹介したいと思います。

 

 

 

薄筋は骨盤からスタートして、

大腿骨内側を下降して、

脛骨内側面に付着する非常に長い筋肉です。

 

 

 

なぜ、この薄筋が問題になりやすいのか・・?!はこちらをご覧ください↓↓

 

 

 

薄筋が問題になりやすいのは、

ズバリ!!脛骨内側面に付着する少し手前です。

 

 

 

ココで急カーブをするポイントがあるのですが、

急カーブがただでさえ強いので、薄筋を酷使し続けると

薄筋の「腱障害」または「鵞足包炎」を起こしてしまいます。

 

 

 

腱障害は単純に使い過ぎて

度々起こる摩擦力に薄筋が限界を超えた状態です。

この摩擦を緩衝してあげる必要があります。

 

 

 

鵞足包炎は

薄筋の下にあるクッション(摩擦を緩衝する為のクッション)が、

限界を超えて炎症を起こしている状態です。

この状態は摩擦を緩衝する必要もありますが、炎症所見がある場合は安静が必要です。

 

 

 

この2つの違いは知っておく必要があります。

なぜなら、どっちの病態で薄筋が痛んでいるのかが分からないと

対策が分からないからです。

 

 

 

2つ各々に応じた対策が必要です。

 

 

 

炎症期に施術をすると悪化するだけなので、

安静が必要です。

ですが、落ち着いたら筋収縮を併用した施術を行なっていきます。

 

 

 

具体的には、

薄筋に起こっている筋スパズム(筋攣縮)を緩和させ、

薄筋の圧痛を取り除きます。

短縮している場合には、筋収縮を用いた方法でストレッチングをして

筋肉の長さを最適化していきます。

この過程で癒着をはがす操作も必要になってきます。

 

 

 

具体的な方法はまた動画でお伝えしていきたいと思っています。

 

 

 

鵞足炎のほとんどが薄筋によるもので、

鵞足炎症=「薄筋炎」と言っても過言ではありません。

特に薄筋腱障害が

 

 

 

次に縫工筋です。

半腱様筋はほとんど関与しません。腱が多く、筋成分が少ないというのも理由の1つです。

 

 

 

PS.

生活に役立つ膝痛情報と院長のプライベートを少しだけ公開中!!

友だち追加

 

PPS.

膝痛に対するお悩み解決情報を公開中!!

チャンネル登録はこちらから↓↓

*ここをクリックして「チャンネル登録」ボタンを押してください^^

 

PPPS.

膝痛でお悩みの方はこちらからご連絡ください。

東京都 膝痛専門整体院 京四郎 KYOSIRO 専用電話

 

080ー6660−0501

 

「はい。整体院 京四郎です」と電話に出ますので、

「ブログを見て、予約したのですが」とお伝えください。

 

 

 

 

通常初回施術費18,000円のところ

初回特別価格16,000円
(税込)

1日の施術回数は最大6名様までとさせていただいております。

9月30日(金曜日)まで6名様限定割引 → 《4周年キャンペーン》限定割引あと3名様!!

【完全予約制】
施術のご予約は今すぐお電話

080-6660-0501

【受付時間】10:00~19:30 
【定休日】火曜日/金曜日

※施術中は電話に出られませんので留守番電話にお名前と電話番号を伝言下さい。すぐに折り返し致します。

※営業時間は10:00~19:30までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。
※営業時間外はメールフォームからのお問い合わせをお願い致します。

 

「LINE」でご予約はこちら