膝の痛みでお困りなら目黒区の整体院 京四郎-KYOSIRO-

ブログ

2019/05/24(金)

誰も知らない【内側広筋】セルフエクササイズ

カテゴリー:変形性膝関節症, 膝痛

 

 

 

 

 

今日は内側広筋のセルフエクササイズについてお伝えします。

 

 

 

内側広筋の問題は変形性膝関節症や他の膝痛にとって

非常に重要な筋肉になります。

 

 

 

内側広筋を機能解剖学的に見ると、

筋線維が縦に走る縦走線維と

筋線維が斜めに走る斜走線維に分かれます。

 

 

 

縦走線維に関しては、単純に膝を曲げれば伸びてくれるのですが、

斜走線維に関してはそれでは伸びてくれません。

 

 

 

内側広筋の斜走線維もきちんと伸びないと

内側広筋は柔らかくなりませんので、

内側広筋が原因で膝が曲がらなかったり、膝痛が起こっている場合、

改善できないことになります。

 

 

 

では、その内側広筋はどうやって緩めるのか、、

それは筋収縮を使います。

 

 

 

方法はこちらから↓↓

 

 

 

縦走線維は膝蓋腱となって、

大腿直筋や外側広筋を合体しますが、

斜走線維は内側膝蓋支帯という膝のお皿の横の靭帯に連結しています。

 

 

 

同じ内側広筋でも筋線維の方向によって

全然違うということをご理解いただければと思います。

 

 

 

特に、膝痛をお持ちの高齢者や外傷後に膝痛をお持ちの方は内側広筋が萎縮していることが多いです。

 

 

 

筋肉は萎縮すると伸びないので硬くなり、筋膜が癒着してしまいます。

 

 

 

内側広筋の特徴を理解し、

日々の膝痛予防や解消に役立てていただければ幸いに思います。

 

 

 

PS.

生活に役立つ膝痛情報と院長のプライベートを少しだけ公開中!!

友だち追加

 

PPS.

膝痛に対するお悩み解決情報を公開中!!

チャンネル登録はこちらから↓↓

*ここをクリックして「チャンネル登録」ボタンを押してください^^

 

PPPS.

膝痛でお悩みの方はこちらからご連絡ください。

東京都 膝痛専門整体院 京四郎 KYOSIRO 専用電話

 

080ー6660−0501

 

「はい。整体院 京四郎です」と電話に出ますので、

「ブログを見て、予約したのですが」とお伝えください。

 

 

 

 

 

 

 

通常初回施術費18,000円のところ

初回特別価格16,000円
(税込)

1日の施術回数は最大6名様までとさせていただいております。

5月19日(木曜日)まで6名様限定割引 → 《4周年キャンペーン》限定割引あと3名様!!

【完全予約制】
施術のご予約は今すぐお電話

080-6660-0501

【受付時間】10:00~19:30 
【定休日】火曜日/金曜日

※施術中は電話に出られませんので留守番電話にお名前と電話番号を伝言下さい。すぐに折り返し致します。

※営業時間は10:00~19:30までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。
※営業時間外はメールフォームからのお問い合わせをお願い致します。

 

「LINE」でご予約はこちら